気候変動への対策求める「学校ストライキ」に参加した世界中の数百万人の子どもたちは、そのスゴい意気込みを見せてくれました。

大人のみなさんも、若者たちと共に活動に参加しませんか?

学校ストライキの参加者たちは、私たち皆に訴えかけています: 若者も保護者も労働者も、関係ある人は全員、9月20日の大規模な気候ストライキに参加してください。また、その後1週間かけて行われる、気候対策を求めるさまざまなアクションにも参加してください。

気候の非常事態に直面した世界中の人々は、「現状維持」の打開を目指し、持てる力を最大限発揮します。 気候が崩壊してしまわぬよう、私たちは若者たちと共に街頭に繰り出し、化石燃料時代に終止符を打つこと、また緊急対策を講じることを要請します。

参加する

今年9月の気候ストライキへのご参加を。

私は若者と共に、街頭に立ち化石燃料の時代に幕を閉じる様、養成するためのグローバルなストライキや気候行動ウィークに参加し、気候対策を求めるアクションを起こし、気候の非常事態の打破に努めます。

 

こんにちは !

前回の連絡先情報が残っています。続けるには下のボタンをクリックしてください。

中止しますか ? ログアウト

私たちからあなたに最新の情報を提供するためには、メール情報を受け取ることに同意をしていただく必要があります。

このアクションは世界中で気候ストライキ運動と連携して350.orgが主催してます。 サインアップすることで、あなたは私たちの利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。 いつでも登録を取り消すことができます。

もっと詳しく知る

気候ストライキ(#climatestrike)の決行はいつ?

9月20日の金曜日です。世界各地でパワフルな学校ストライキを実行した若者たちの呼びかけに応じ、この日は、あらゆる国や地域の人々が職場を離れ、気候危機を食い止める緊急対策を求めます。 1日かけて行われる、この気候ストライキは9月20日以降も継続する予定ですので、引き続きのご参加をお待ちしています。 9月20日からの1週間は、気候行動ウィーク。気候対策を求めるアクションが、世界中で一斉開催されます。 この1週間が、歴史を変える転換点となるよう願っています。

わずか一日のことだけではありません。 9月20日からの1週間は、気候行動ウィーク。気候対策を求めるアクションが、世界中で一斉開催されます。20日をはじめに27日まで様々なアクションが企画されます。 この1週間が、歴史を変える転換点となるよう願っています。

気候ストライキ(#climatestrike)とは?

毎週金曜日になると、子どもたちは気候対策を求める学校ストライキに参加するため、教室を出ていきます。そんな彼らの願いは、大人たちもストライキに参加すること。農場や工場、オフィスで働く大人たちにも、それぞれの職場を離れ、行動を起こしてもらいたいのだそうです。例えば、選挙運動中の候補者ならば、遊説を中断し子どもたちと一緒に気候対策を求めるのです。同様に、サッカー選手はグラウンドを離れ、映画俳優はメイクを落とし、教師はチョークを置いて、気候ストライキに参加。料理人もレストランを休みにし、その日はストライキ現場に食事を持ってくる。年金暮らしのお年寄りも、いつもの日課と違う行動に出る。そして、国の指導者たちが聞くべきメッセージを、子どもたちと一緒に届けてもらいたいのです。それは、 「現状維持」を止めなければ、安全で健全な地球の未来を築くチャンスは、日々失われていく、というメッセージです。

ストライキや抗議に、一緒に参加していただけることを願っています。 新たなパイプライン建設やこれら事業に資金を提供する銀行、さらに石油会社やこれら企業と癒着関係にある政治家たちに対し、私たち皆で抗議の声をあげるのです。参加できなくても、例えば知り合いの家の壁に断熱材を入れる、あるいは自転車専用道路の設置を進めるなど、気候のための行動に出ていただけることを願っています。そしてほんの数分でも、公園、農場、アパートの屋上などで、美しいこの世界を守るという特権について、私たち皆が思いを馳せることを願っています。

気候ストライキ(#climatestrike)をやるべき理由とは?

これは、とてつもなく大きな頼みごとです。 人には日課というものがあるのに、それとは別の行動を起こすよう、世界中の人々にお願いするのですから。 けれど、学校の子どもたちだけが責任を果たし、大人たちは何もしないという現状を、このまま放置するわけにはいきません。子どもたちには応援が必要です。 また普段の生活を一旦やめることにこそ、現状維持の打開策があるように思うのです。というのも、気候危機を日々深刻化させているのは、「これまで通り」やろうとする、その姿勢にあるからです。

私たちが何を選ぶかによって、はるか遠い未来にまでその影響をもたらすことになります。私たちは、そんな時代に生きています。 今後どのくらい、海面上昇、砂漠化、森林火災が進むのか、それを決定するのは、私たちなのです。 そうであるのならば、未来を守るための貢献は、私たち皆が担うべき責任であるはずです。

9月20日、世界中で気候ストライキを初めとし気候行動ウィークが、世界中で9月27日まで一斉開催され、その後も展開される予定です。 誰しもが各々の役割を果たせます。出来ることでいいのです。

気候ストライキ(#climatestrike)がもたらす変化とは?

気候ストライキを実行すれば、すぐさま気候危機を解決できるわけではありません。 これを通じ、何ができるかといえば、それは、「現状維持では許されない」という意思表示です。 昨年たった1人で抗議の声をあげた、スウェーデン人のグレタ・トゥーンベリさんの行動は世界中の注目を集め、子どもたち数百万人が気候危機に警鐘を鳴らす、学校ストライキへと発展しました。 今度は、私たちが子どもたちと共に立ち上がり、世界各国の指導者たちに、団結した人々の力を知らしめる番です。 9月20日を皮切りに、世界各地でさまざまなアクションが繰り広げられる1週間がスタートします。

私たちには、必要な解決策を手にできたという、グッドニュースもあります。この10年で、太陽光パネルの価格が9割も下がったのです。 これらの解決策を普及させるための政策も、打ち出されています。 世界各地において、環境政策で経済成長を図る米国の政策「グリーンニューディール」の様な政策が広がっています。エネルギー資源を化石燃料から太陽光、水力、風力へと迅速かつ公正に移行させると共に、その過程で雇用を生みだし、底固い地域経済へとつながるような法づくりが進んでいるのです。

気候ストライキに参加するのはどんな人?

環境保護、公衆衛生、社会正義、再生可能エネルギー開発などに関わる、あらゆる団体に参加してもらいたいと思っています。けれど何よりの願いは、気候危機を食い止めるため活動する子どもたちに、数百万人の大声援を伝えることです。気候の非常事態を恐れつつも、これまでほとんど何もしてこなかった大勢の人々にも、9月のストライキには参加していただけることを願っています。 これだけ大勢の人々に街頭デモやストライキへの参加を促すのは、簡単なことではありません。けれど、残された時間はあとわずかです。 効果的な気候対策を講じるチャンスは、急速に失われつつあるのです。

気候ストライキに参加できない場合は?

誰もが参加できるわけではないことは、承知しています。格差の甚だしいこの社会では、1日働かないだけで、生活が成り立たないケースもあるでしょう。もしくは、1日休もうとしただけで解雇をちらつかせる上司の元で働いている人もいるかもしれません。

集中治療室の医師をはじめ、 仕事柄、本当に休めない人もいます。 けれどほとんどの場合、いつもの仕事を1日先延ばしにすることは可能で、24時間後に戻ってきても、大きな支障はないはずです。

若者たちによる呼びかけで9月20日に開催されるストライキを皮切りに、その後1週間、世界各地でさまざまな気候アクションが行われます。これは、私たち大人がアクションに参加することで、一歩前に踏み出し、画期的な気候対策を求めるチャンスなのです。

気候ストライキは誰が支援しているのでしょうか?

気候ストライキは子供達と学生が#FridaysForFutureプラットホームの元、組織化し始まりました。

この動員は、世界中のいくつかのNGOと環境団体、労働組合や社会運動が連携し若者の呼びかけに賛同した形です。 私たちは一緒になって、若者、両親、祖父母、労働者そしてすべての関係者が参加するよう呼びかけ、要求に応えようと決心しました。

関係する組織の全てのリストは、まもなく利用できるようになります。 この運動はこれらの 理念を基に共催されています。